HOME>イチオシ情報>敷地やその地域の特徴などを上手く考えて住まいを建てるのは大切です。

様々なプランを考える

家族

注文住宅を滋賀に建てる際には敷地の形を考えますし、周辺の道路状況も確認します。こうした情報によって選択する工法は異なってきます。注文住宅を設計作る時に選ぶ工法が敷地への対応力が十分かどうかの確認をします。注文住宅を建てる際には 地域について知る必要もあり、防火地域や準防火地域に指定されているかどうかの確認は大切です。こうした場所に注文住宅を作る時は、構造や工法に制限がかけられます。希望の間取りや空間を考えて、建築工法を決めるのは大切です。注文住宅の工法として木造軸組工法があり、木造軸組工法は構造上の制約は少ない利点があり、間取りの自由度は高いです。しかしながら木造軸組み工法は大きな吹き抜けを作るには向いていないです。工法を決める時は総合的な視点を持って、自分の希望する住まいをその工法で作れるかどうかの確認が大切です。

工法と工期について

注文住宅を作る時の工法としてツーバイフォー工法などもあります。ツーバイフォー工法は耐震性に優れていて、6面構造で住まいを設計します。気密性や耐火性も高いという特徴があります。滋賀に注文住宅を作る時は工法の選択が大切で、ツーバイフォー工法による建築はマニュアル化されていて工期が短い特徴があります。なるべく短い工期で住まいを作りたい人は、ツーバイフォー工法を選ぶと良いです。ツーバイフォー工法はどんな敷地でも施工が可能という利点もあります。

快適な間取り

滋賀の注文住宅を快適にするには間取りを考えます。リビングで過ごす時間は長いので、リビングのことを考えるのはとても大切です。リビングのことを考える時は照明のことも考えます。低い位置の明かりにすると、リラックス感を演出できたりします。照明が日々の生活に与える影響は大きいです。寝室の照明を考える時は、光源が直接目に入らないようにするのも大切です。ダイニングの照明は食事が美味しく見えるように工夫するのが重要です。